「ほっ」と。キャンペーン

<   2003年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2003年 12月 30日

2003年12月30・31日

12月30日(火)  RONDA-GRANADA


7:30にHOSTALを出た。まだ、外は真っ暗だった。GRANADA行きは8:45だった。
列車はANDALUCIA RENFE というローカル線であったが、すごい揺れであった。
スプリングが底づきする音がゴンゴンなるのだ。はがきを書こうと思ったが、すごい揺
れで字がおどる。
昼ごろGRANADA駅に着いたが、方向を間違い2時間もかかって、HOSTALに着いた。
1泊14ユーロで、親切というHOSTALに行った。管理人が不在であったが、記帳をみた
ら感謝の言葉で埋め尽くされていた。1時間ほど待っていたら、管理人がやってきて、
予約はしているか聞いてきた。しかし、予約はしていないというと、気の毒そうに満杯で
あると伝えてきた。どうしようかと考えていたら、上のオスタルに聞いてごらんと、親切
に教えてくれた。
上で、3泊したいと伝えたら、OKが出た。16ユーロとちょっと高いが、たいして変わら
ない。

a0009040_9464757.jpg


一休みして、フラメンコのショーを扱っているか聞いた。そしたら、HOSTALのすぐ下の
交差点からバスが出るそうである。行きたかったロスタラントスというタブラオの券が
23ユーロだった。
21:00にバスが出るそうである。それまで、腹ごしらえをして、シャワーをあびて、待った。
しかし、バスが来たのが9:40ごろだった。えらく寒かった。しかし、さすがにいいショーだった。
やっぱりANDALUCIAのフラメンコはいい。英語のガイドがアルバイシンを案内してくれた。
とても、いい時間を過ごすことができた。


12月31日(水) 大晦日  GRANADA

a0009040_16341214.jpgGRANADA」

今日は、GRANADAのARBAIZINを描くことにした。 新しくできた「GRANADA EYE」を
探した。ここは、レオナルド・ダ・ヴィンチも使っていたカマラ・オスクーラという装置で
GRANADAを眺望する珍しい装置があるところである。散々迷って、見つけたのだけど
あいにく、休みだった。


この日のGRANADAはものすごく寒かった。絵の具が乾かなくて、ずいぶん苦労した。

夕方になってきた。いつもは、開いているバルがしまっている。そうか、大晦日だ。
寒いのも手伝って、夕食が心配になってきた。イサベル・カトリカ広場の向こうに
「日本語情報センター」という張り紙を見つけた。情報を集めに入ってみた。すると、
中華以外の店は閉まるらしい。丁寧にその中華屋さんのメニューに印をつけてくだ
さった。驚いたことに、この事務所の運営は完全な個人が自発的に行っている。
はじめは、ギターを学びにいらしたらしいが、長くグラナダに住むうちに、日本人
になぜ生きるのかということをこういう交流を通して問いかけてみたいと思ったそ
うである。役立つ情報パンフレットもいただいた。感謝である。

本当は、シェリー酒のメッカ ヘレス・デラ・フロンテーラに行きたかったのであるが、
どうも行けないようなので、口だけでもと思い「ヘレス」を食前酒として飲んだ。これは、
絶品だった。
この中華屋さんは「末星酒楼」というが、一番左のフカヒレスープがなんと1.90
ユーロだった。これだけ食べて、飲んで、ヘレスも飲んで15ユーロだった。感激!

5年ぶりのGRANADAはずいぶん変わっていた。前にスケッチしたところが、広場
になっていた。オスタルの前のPLAZA NUEVA はダーロ川の川岸の道路だった
のである。そこを埋め立てて、真新しい建物が建っていた。そこの通りを「たそがれ
という題で100号に描いたことがある。なくなって、ちょっと、さびしかった。

a0009040_1637775.jpg

[PR]

by toledo817 | 2003-12-30 16:30 | 旅行
2003年 12月 28日

2003年12月28・29日

12月28日(日)  あいにくの雨  RONDA

9:00に起きたが、雨降りだった。仕方なく、エアコンの温度設定を36度にして、13:00までTVをみていた。ずっと、TVもラジオもない生活だったので、あまりの快適さに感激した。少し晴れてきたので、半乾きのジャケットを着た。ズボンはまだ濡れていたので、オーバーズボンだけをはいて出かけた。
目抜き通りの中央付近に広場があった。すごい人であった。栗の焼けるいいにおいがした。新聞紙でつくった三角の入れ物に大きい焼き栗が10個ほど入って1ユーロだった。すごくおいしかった。それをほうばりながら、西の方向に歩いた。すると、真っ白な闘牛場があらわれた。

a0009040_943644.jpg


ヌエボ橋からのながめは、さすがに絶景だった。100mはあろう渓谷もすごいが、まわりに広がる丘陵地帯の景色はすばらしい。ヌエボ橋を渡って向こうに旧市街がある。そこが見所なのだが、谷の西側に農家が見える。そこまで行くことにした。
谷を降りてしばらく歩いたら、実をたわわにつけた柿の木があった。スペインにも柿の木があったんだなあと思った。

a0009040_9434712.jpg


夜、テレビをつけっぱなしで寝ていたら、9時ごろテレビの電源が自動で切れた。しばらくたっても
つかなかった。それどころか、電灯も点かないし、エアコンも動かない。部屋の電気が切られたと思い、ロビーに出たら、ロウソクの前におばさんがすまなそうに立っていた。停電である。外を見て
みたら、街中停電だ。懐中電灯が役立った。

12月29日(月) RONDA

HOSTALははじめ2泊を頼んでいたが、旧市街の東側をみてみたかったので、もう一泊することにした。

紙をファブリアーノ紙に変えたために、強い色がのるように次の場所は、年が明けるので、比較的大きい街を訪れることにした。
 5年ぶりにGRANADAに行くことにした。HOSTALは安いところなので、TVがないと思うので、トランジスタラジオとCDを買った。ラジオは日本製だった。12ユーロ。
[PR]

by toledo817 | 2003-12-28 16:26 | 旅行
2003年 12月 26日

2003年12月26・27日

12月26日(金)

蠅のように群がる詐欺師にうんざりして、スペインに帰りたくなってきた。フェリーの揺れがひど
いんで2泊しようとも思ったが、紙のはじきが強すぎて、どうもうまく描けない。フランスかイタリ
アの紙を手に入れたいと思った。そのために、大都会のSEVILLAに行くことにした。


さすが、悪名高いTANGERである。フェリー乗り場で最後の洗礼をうけてしまった。てっきり、
発券会社の人かと思いパスポートのコピーを渡したら、出国カードを書いて来た。自分で書く
からと言ったら、これが俺の仕事だというわけ。仕方なく、1ユーロチップをあげたら、5ユーロ
よこせときた。
 まあ、これっきりと思い払った。そしたら、税関のところで、パブリックのものだということで、また
出国カードと乗船券をとられた。そして、OKだ。チップよこせときた。パブリックなのに、いるのか?
と言って、今度は断固拒否した。そして、あきらめたのか、帽子を交換しようと言い出した。阪神の
優勝の野球帽をかぶっていたのだ。これは、妹のプレゼントだからだめだと言った。なんか、スポー
ツやってるのかときいてきたから、カラテだと答えた。右手のこぶしに、バドミントンでできたたこが
できている。捕球するとき、床にそこがつくことが多くて、たこができているのだ。こぶしを見せて、
自分はブラックベルトだといったら、さすがにちょっとひいた。ついでにJUDOも3段だとうそぶいた。

フェリーの代金は233DHだった。ポケットに300DHあったので両替したら、26ユーロだった。

帰りのフェリーでは日本人と出会った。二人連れの青年とモロッコの出来事などをいろいろ話した。
やはり、内陸の景色は相当いいらしい。

アルヘシラスには13時半についた。それから、15時30分のバスでSEVILLAに向かった。


12月27日(土) SEVILLA-RONDA
アルヘシラスからバスでSEVILLAへ向かった。途中、グアダルキビル川の湿地帯があって、
たくさんのクリークがみれた。スペインらしからぬ、風景が広がっていた。どこか、北海道の
十勝を思わせる風景だ。とどまって、絵を描きたい衝動にかられたが、SEVILLAのYHに
予約していたので、仕方なくSEVILLAに向かった。紙のこともあるし・・。
SEVILLAはさすがに大都会だった。イタリアのファブリアーノ紙とイギリスのコットマン紙を
手に入れることが出来た。ずいぶん高いのにびっくりした。日本より高いかもしれない。
100%コットンの23×30.3cm、20枚つづりのブロックのファブリアーノ紙が23ユーロ
もした。ファブリアーノのブロック2個とコットマンのブロック1個を買った。
久しぶりに、野菜が食べたくなった。中華料理屋とインターネット・カフェをさがしたが、すぐに
みつかった。中華は野菜サラダ、チャーハン、魚の油で揚げたものにソースをかけたもので
あった。12ユーロだった。

朝、8:00に起きて、RONDAに向かった。YHからSEVILLAのバス・ターミナルまで歩こうと
思ったが方向を間違い、停留所の地図で現在地を確認していたら、親切なおばさんが、バス
・ターミナル行きのバス停まで連れて行ってくれた。そして、道を聞く構文「ドンデ・エスタ~」
を何度も教えてくれた。こういう、親切があれば、SEVILLAの街そのものに対する印象が違
ってくる。1泊で去ることが申し訳なく思ったほどである。絶対に、今度は5泊以上はしたいと
思った。

RONDA駅のすぐ前のHOSTALに泊まった。部屋にはエアコンとTVがありとても快適だ。
洗濯もたまっている。ズボンもサッカーやったせいで茶色くなっている。おばさんも親切そうだ。


まずは腹ごしらえということで、パエリアを食べた。7ユーロ。そして、洗濯をした。

a0009040_16195069.jpg
[PR]

by toledo817 | 2003-12-26 16:15 | 旅行
2003年 12月 24日

2003年12月24・25日

12月24日(水) クリスマスイブ  CASARES-ALGECIRAS

クリスマスなので、バスの運行が心配でインフォマシオンに聞きにいった。そしたら、25日
は運休で、今日も16:00のバスしかないそうである。本当は、5泊する予定だったが、4泊
にしてもらった。そして、急いでカテドラル付近のスケッチに出かけた。


最後に毎日、タパスだけつまんでいたレストランで食事した。給仕のおねえさんが、なかな
かかわいかったのだ。おにいさん2人と妹なのかと思って、トリーブラザー?ときいたらノン
だと答えた。
「ほんとかなあ?」今でも、そう思っている。
16;00のバスでエステポナ経由でアルヘシラスに向かった。

a0009040_9373512.jpg



12月25日(木)  クリスマス ALGECIRAS-TANGER
HOSTALはアルヘシラスの市場の近くにあって、わりと簡単にみつかった。両替屋で、換金
したら、10000円は65ユーロだった。損した気分。
 フェリー乗り場にTANGER行きの乗船券を買いに行った。24.5ユーロだった。
朝、5時に起きて7時の船に乗った。外は、真っ暗であった。船でDH(デュラハム)に両替しよ
うとしたら、港でしてくれと言われた。船は2時間半でタンジェに着いたが、すごい揺れで吐き
そうになった。




9時半に無事タンジェに着いた。フェリー乗り場の出口の門で両替したら、10000円は
820DHだった。その両替の係の人は日本語で話しかけてきた。どこからというから、
札幌と答えたら滝川におねえさんが嫁いでいるそうである。HOTELをさがしていたら、
へんな男が現れた。安いHOTELを紹介するというのである。しかし、値段を聞いたら
120DHだったのでOKした。

メディナに近づいたところで、ひとりの男が話しかけ来た。メディナは危ないから案内
するというのである。いくらだと聞いたら、自分はガイドではなく、STUDENTだと答えた。
あやしいと思ったので、ひとりにしてくれと言ったが、ずっと着いてきた。仕方がないの
でスケッチすることにした。2時間スケッチしてれば、たいていのやつは、しびれをきら
して逃げて行く。案の定、1時間で本音を吐いた。これまで、案内したのだからチップをく
れというのである。ガイドではないやつにはやらないと断った。かなりごねていたが、
30分ぐらいしたらいなくなった。近寄ってくるやつは、悪いやつが多いが、ふつうの店
は驚くほど安かった。昼飯の魚のランチは20DHだった。ミントティーもおいしくて、
7DHだった。
へんなやつが多くて、すっかりつかれたので、海岸に行った。そしたら、またへんな
男が近づいてきて、がらくたをみせてくれた。ずいぶん法外な値段を言っていた。

 遠くで、サッカーをしていた。ずっと、見ていたら入れと言ってくれた。自分も昔、
サッカーをしていたので、入れてもらった。気をつかってくれて、いいパスをまわ
してくれる。何点か入れることができた。2時間ぐらいしたが、気分が晴れてきた。
あるレストランで、ミントティーを頼んだら、15ユーロも要求してきた。15DHの間
違いだろって、それ以上払わなかった。こういうこともあったので、夕飯は値段表
のあるレストランで食べた。これだけ頼んで105DHだった。

 言い忘れたが、なぜクリスマスにタンジェに来たかというと、クリスマスぐらいち
ゃんとしたとこでご飯が食べたかった。スペインだと、レストランが休みなのだ。

a0009040_16132035.jpg
[PR]

by toledo817 | 2003-12-24 16:09 | 旅行
2003年 12月 23日

2003年12月23日

12月23日(火) CASARES

a0009040_1671345.jpg


この3日間は、だいぶ興奮して描いていた。そろそろ白い壁にも慣れ、
近くを落ち着いて描いた。


4日もいると、親しく挨拶を交わす人が現れる。HOSTALの横のおば
さんは、毎朝鳩にえさをやる。時刻が早いので、だれもいないのだが、
よく顔をあわせて挨拶する。そして、一方的になにやら話しているのだ。
自分は、オリエンタル・スマイルで受け流す。おばさんのうちの前が、レ
ストランになっているので、そのテラスからビールをのみながら「鳩お
ばさん」のうちを描いた。

a0009040_9302493.jpg


夜になると、MAYOR広場は別世界となる。クリスマスの飾りでデコレ
ーションされている。
そして、たくさんの人が集まってきて、午前1時くらいまで、人が絶え
ないのである。こどもも夜遅くまで、サッカーをして遊んでいる。家の
なかより、外のほうが暖かい。

a0009040_16632100.jpg

[PR]

by toledo817 | 2003-12-23 16:03 | 旅行
2003年 12月 22日

2003年12月22日

12月22日(月) CASARES

a0009040_15591146.jpg[#

昨日、外に出かけたら、谷底に農家が見えた。スペイン瓦の農家も形は単純だけれども、
雨風がよい味付けをするので、生活感が出てよいのである。また、郊外をせっせとあるいた。
そして、羊の放牧してある小屋を見つけるが、鉄条網と番犬のために容易に小屋までたどり
着けなかった。小屋にたどり着こうとずいぶん歩いたが、結局だめだった。肩を落として来た
道を歩いていると、トラックに乗ったおじさんが乗せてくれた。6kmぐらいの道のりだから助
かった。CASARES、BIENっておじさんに言ったら(カサレスはいいという意味)、
CASARESは「カッサレ」と発音することを教えてくれた。
くたびれたので、部屋で食事することにした。また、夜は寒すぎるので、昼間シャワーをあびた。

 谷にあったスペイン瓦が美し い納屋。ここでも、ずいぶん犬に吠えられた。

 山は岩がむき出しだった。道端にリュウゼツランと サボテンが生い茂っていた。
a0009040_15594294.jpg 
[PR]

by toledo817 | 2003-12-22 15:55 | 旅行
2003年 12月 21日

2003年12月21日

12月21日(日) CASARES

a0009040_15535470.jpg
 HOSTALの窓からのながめはすばらしかった。しかし、ものすごく寒かった 。石でできているせいか、室内の方が外より寒いのである。おまけに明かりはシャンデリア風であるが、4個ある電球は、1個しかつかないから、スケッチの手直しもできなかった。ワインを飲んで温まろうとしたが、飲みすぎてしまった。それで、起きたのが10:30だった。少し歩いて酔いを醒まそうと離れたところまで歩いた。

 右の絵は、谷を降りて、反対側の岩山をよじ登って描いた。晴れてはいたが、冷たい風が強くて絵の具が乾かなくて苦労した。右の青い線は地中海で、対岸はアフリカである。

a0009040_9241274.jpg


 途中に、サボテンの実がなっていた。試しに食べてみたが、ほのかに甘味がした。しかし、細かい
針が手にささり、しばらく後悔した。


a0009040_9245999.jpg
[PR]

by toledo817 | 2003-12-21 15:51 | 旅行
2003年 12月 18日

2003年12月18日~20日

 2003―04年ANDALUCIA 旅行記(2003.12.18~04.1.9)


12月18日(木) SAPPORO-MADRID
 朝午前0時に自宅を出る。1:30恵庭の実家に到着。5:30起床。 7:45発の飛行機で成田へ着く。
 飛行機で、隣の人は偶然にもスペイン人の女性だった。ロンドンの会社の研修で日本を訪れて、帰国するところらしかった。バスク地方のサン・セバスチャン出身だったので、バスク地方のことをいろいろ教えてもらった。
 名刺もいただいたので、あとで連絡してみようと思う。
午後9時ごろMADRIDバラハス空港に着くが、時間が遅いので、両替ができなかった。ユーロがなく困ったが、TAXIに乗る。HOTELで両替を頼んだが、深夜なので、レートがわからないということで、断られた。仕方なく、TELBANCOでクレジットカードで100ユーロ引き出した。32ユーロも請求されたが、待たせたので35ユーロ渡した。それにしても高い。物価があがっているのだろうか。


12月19日(金)
今度はHOLELの前のCANBIOで10000円を両替した。69ユーロだった。 地下鉄の10回券を購入した。5.2ユーロだった。(前は5ユーロ)アトーチャ駅まで地下鉄で行き、AVEの券を買った。AVEはスペイン版新幹線である。CORDOBAまで40.5ユーロだった。12:15に着いた。
CORDOBAからMALAGAまではRENFE(国鉄)で向かった。YHに宿をとった。うれしいことに個室だった。そして、BARで食事してデジカメで写していたら、
自分をとれというおやじが現れ、撮ったのをみせたら、CASIOはいいとほめてくれた。

a0009040_9211985.jpg


12月20日(土) MALAGA-CASARES
7:00に起床して、歩いてバスステーションへ行った。外は、真っ暗だった。部屋は離れにあった。外で、薔薇が咲いていた。街路樹のみかんがなっていた。
 マラガからエステポナまで2時間もかからなかった。エステポナはいかにもリゾートという感じで、地中海とフェニックスの木が印象的だ。地中海の水をなめてみたが、石狩湾の海水と同じだった。
エステポナで海鮮のタパスとビールで腹ごしらえをして、13:00のバスで目的地のCASARESに向かった。途中は高原のようになっていて、発電用の風車が無数に回っていた。CASARESは「白い村」とよばれるだけあって、実に美しい街並だった。その中心のMAYOR広場にHOSTALがあった。

さっそく、荷物をおろして、PLAZAMAYORをスケッチした。これが、この旅行の1枚目のスケッチである。

*12月21日の旅行記は下の↓〔前のページ〕を押し、お進みください。



a0009040_15483626.jpg
[PR]

by toledo817 | 2003-12-18 15:43