TOLEDOの画像日記

toledo817.exblog.jp
ブログトップ
2004年 01月 05日

2004年1月5日

1月5日(月) TOLEDO


a0009040_1223296.jpg
TOLEDOのYHはお城である。日本からはがきで、そのYHに予約してあった。
8:30にHOSTALを出て、YHのあるサン・セルバンド城に向かった。しかし、
その予約カードは英語表記だったためか、受け付けられていなかった。
予約リストになかった。まったく、英語が通じなくて困った。そしたら、
レセプションのおばさん(ちょっときれいなおばさん)がHOSTALを紹介
してくれた。そしたら、昨夜泊まったHOSTALであった。仕方なく、もう
1泊同じところに泊まった。

 途中で、銀行があったので2万円両替した。ここは、1番レートがよか
った。1万円=72ユーロだった。

 両替が終わって、ソコドベル広場を歩いていたら、突然サイレンが鳴り、
パトカーがやってきた。なかに、仮装した人が乗っていて、道路に飴をば
らまいた。これは、特別なご利益があるに違いないと思ったので、急い
で拾った。

TOLEDOに着いて、思ったことはずいぶんきれいになったということである。
2年前と比べて、ずいぶん変わっている。人もものすごく多い。
11:00発のソコトレンに乗ることにした。

これも、2年前にはなかったようにように思う。タホ川の外周を回って、
TOLEDOの街の狭いところも回ってくれる。これは、ものすごくいい
ものである。3.6ユーロの乗車券で50分ぐらいかかった。ただ、
石畳の振動やブレーキなどで、カメラを落としかねない。これは、
注意が必要である。
そのあと、ボーンステーキの昼食を食べた。
食事が終わり、サント・トメ教会のエルグレコを見た。2年ぶりだが、
変わらずかっこよかった。


 南に向かって歩き続けた。途中で路地を描いた。そして、タホ川
の川岸の古城跡をスケッチした。夕方になり、西に向かって歩いた。
そして、サン・マルティン橋をスケッチした。


日が暮れたころにソゴドベル広場に行くと道の両側にすごい
人垣ができていた。なにやらあるらしいと思い、ことが起こるのを
待っていた。そしたら、山車のパレードである。土派手な山車の上
から仮装した子どもが飴を投げてくれる。


この上の写真の男の子が自分の阪神優勝の帽子を出したら、
ドサッと飴を入れてくれた。だから、今も飴を食べながらこれを
書いている。主顕節は1月6日であるが、正確には1月5日の
日没から始まるらしい。


a0009040_1214866.jpg
[PR]

by toledo817 | 2004-01-05 11:56 | 旅行


<< 2004年1月6日~9日      2004年1月4日 >>