2003年 12月 24日

2003年12月24・25日

12月24日(水) クリスマスイブ  CASARES-ALGECIRAS

クリスマスなので、バスの運行が心配でインフォマシオンに聞きにいった。そしたら、25日
は運休で、今日も16:00のバスしかないそうである。本当は、5泊する予定だったが、4泊
にしてもらった。そして、急いでカテドラル付近のスケッチに出かけた。


最後に毎日、タパスだけつまんでいたレストランで食事した。給仕のおねえさんが、なかな
かかわいかったのだ。おにいさん2人と妹なのかと思って、トリーブラザー?ときいたらノン
だと答えた。
「ほんとかなあ?」今でも、そう思っている。
16;00のバスでエステポナ経由でアルヘシラスに向かった。

a0009040_9373512.jpg



12月25日(木)  クリスマス ALGECIRAS-TANGER
HOSTALはアルヘシラスの市場の近くにあって、わりと簡単にみつかった。両替屋で、換金
したら、10000円は65ユーロだった。損した気分。
 フェリー乗り場にTANGER行きの乗船券を買いに行った。24.5ユーロだった。
朝、5時に起きて7時の船に乗った。外は、真っ暗であった。船でDH(デュラハム)に両替しよ
うとしたら、港でしてくれと言われた。船は2時間半でタンジェに着いたが、すごい揺れで吐き
そうになった。




9時半に無事タンジェに着いた。フェリー乗り場の出口の門で両替したら、10000円は
820DHだった。その両替の係の人は日本語で話しかけてきた。どこからというから、
札幌と答えたら滝川におねえさんが嫁いでいるそうである。HOTELをさがしていたら、
へんな男が現れた。安いHOTELを紹介するというのである。しかし、値段を聞いたら
120DHだったのでOKした。

メディナに近づいたところで、ひとりの男が話しかけ来た。メディナは危ないから案内
するというのである。いくらだと聞いたら、自分はガイドではなく、STUDENTだと答えた。
あやしいと思ったので、ひとりにしてくれと言ったが、ずっと着いてきた。仕方がないの
でスケッチすることにした。2時間スケッチしてれば、たいていのやつは、しびれをきら
して逃げて行く。案の定、1時間で本音を吐いた。これまで、案内したのだからチップをく
れというのである。ガイドではないやつにはやらないと断った。かなりごねていたが、
30分ぐらいしたらいなくなった。近寄ってくるやつは、悪いやつが多いが、ふつうの店
は驚くほど安かった。昼飯の魚のランチは20DHだった。ミントティーもおいしくて、
7DHだった。
へんなやつが多くて、すっかりつかれたので、海岸に行った。そしたら、またへんな
男が近づいてきて、がらくたをみせてくれた。ずいぶん法外な値段を言っていた。

 遠くで、サッカーをしていた。ずっと、見ていたら入れと言ってくれた。自分も昔、
サッカーをしていたので、入れてもらった。気をつかってくれて、いいパスをまわ
してくれる。何点か入れることができた。2時間ぐらいしたが、気分が晴れてきた。
あるレストランで、ミントティーを頼んだら、15ユーロも要求してきた。15DHの間
違いだろって、それ以上払わなかった。こういうこともあったので、夕飯は値段表
のあるレストランで食べた。これだけ頼んで105DHだった。

 言い忘れたが、なぜクリスマスにタンジェに来たかというと、クリスマスぐらいち
ゃんとしたとこでご飯が食べたかった。スペインだと、レストランが休みなのだ。

a0009040_16132035.jpg
[PR]

by toledo817 | 2003-12-24 16:09 | 旅行


<< 2003年12月26・27日      2003年12月23日 >>